■プロフィール

のり@わんこ商会

Author:のり@わんこ商会
うしくん=2004年10月(推定)生まれの雑種♂(去勢済み)
うしくんまでが名前だと言い張り、
診察券はうしくんちゃん。
会話は「オレ・・・だよ」

のり=うしくんのお世話係。
でもなぜか2番目。

番頭=うしくんの爪切り係。
何も世話しないくせに
うしくんに一番好かれている。




■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

食べなくなりました(後編)
うしくんの異変に気づいたのが22時ちかく。
それから2時間、マッサージ&保温を繰り返すも食欲は戻らず。
過去の数少ない「食べない状況」でも
(うしくんはほとんど「食べない」ことってありません)
こんなことは異例です。
だいたい1時間もマッサージや保温すれば

 P1040572_convert_20090321011921.jpg P1040231_convert_20090312181325.jpg
P1030746_convert_20090305122142.jpg P1030695_convert_20090304180434.jpg (イメージ)

さっきは何だったの?というぐらいバクバク食べるのに、今回はダメです。
とうとう深夜1時近くになったので、サークルに戻します。
サッサと奥のケージに引きこもるうしくん。
P1050379_convert_20090410190024.jpg
P1050383_convert_20090410185950.jpg
いつもの座っているサークルの定位置には、ヒーターを立てました。
カバーもしっかり掛けて、電気は豆を点灯したままで寝ます。

わたしが出した結論は
「今、夜間救急病院に行っても、犬や猫とは違いウサギだから、
 たぶん原因はわからないだろう。
 それでなくてもウサギをきちんと診られる病院は数少ないのだし。」
「明朝、ウサギを診察できる病院に連れて行こう」
でした。

そして・・・午前3時半。

いつもなら朝まで起きないわたしなのに、なぜか目覚めました。
ドキドキしながらカバーを外すと

P1050383_convert_20090410185950.jpg ほとんど動いていません。
「生きてる」正直ホッとしました。

耳を触ると相変わらず冷たい・・・・
小さなウ●コが1個、シッコはしています。

奥に手を入れ、うしくんを捕まえて、キャリーに入れます。
抵抗するうしくん。思いの外元気なのにビックリ。
上蓋から脱走・・・・布団の上を走って逃げて、番頭の横に。
やっぱり弱っていたのでしょう、あっけなく捕まって、またキャリーに逆もどり。

キャリーの上蓋から手を入れて、鼻先から頭そして耳へと撫でます。
興奮していたうしくんもだんだん落ち着いてきます。
牧草ペレットを何回か鼻先へ持っていきますが、なかなか食べません。
1時間以上撫でていると、やっと一口食べました。

サークルに戻すと、また奥に引きこもりました。





朝、6時前から激しい足ダン。



カバーを外すと
P1050137_convert_20090403115201.jpg 牧草食べてます。
(イメージ)

思わず泣きそうになりました。  

サークルの掃除をすると
P1050384_convert_20090410190053.jpg
真ん中のいびつなウ●コが原因でしょうか?
1個は繋がりウ●コです。


それからボツボツ牧草を食べ。

P1050388_convert_20090410211506.jpg P1050391_convert_20090410211534.jpg

まだまだウ●コは、完璧ではないですが・・・・
とりあえず元気になりました。

P1050415_convert_20090410235821.jpg
「心配させてゴメンネ」


ランキングに参加しています
      ポチッとしていただければ頑張れます
                          
        にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ    人気ブログランキングへ

テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット

うしくん | 00:04:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する