■プロフィール

のり@わんこ商会

Author:のり@わんこ商会
うしくん=2004年10月(推定)生まれの雑種♂(去勢済み)
うしくんまでが名前だと言い張り、
診察券はうしくんちゃん。
会話は「オレ・・・だよ」

のり=うしくんのお世話係。
でもなぜか2番目。

番頭=うしくんの爪切り係。
何も世話しないくせに
うしくんに一番好かれている。




■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■フリーエリア

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

はじまり
うしくんを飼うきっかけ

番頭(ダンナです)の帰宅時間が、当時はほとんど真夜中だったから。

東京から(番頭の転勤に伴い)嫁に来て友人もいない。
こちらで6年勤めた仕事も止めたし。
毎日毎日退屈で、誰とも話すこともない。

そんな時、ホームセンターの広告「ミニうさぎ特価2,980円」発見。

「うさぎならアパートでも飼えるかも」(当時はペット禁止のアパート暮らし)
「懐かないし、バカだけど(小学校時代の印象)鳴かないし、散歩もいらない」
「すぐ死んでも(小学校時代の印象)安いからいいや」

そんな気軽な気持ちで飼うこと決定。

うさぎを飼うならたれ耳(ロップ)が実は欲しかった。
以前、ペットショップでティモテしてる姿見て、可愛くて可愛くて。
でも値段は可愛くない5万円

うさぎってすぐ死んじゃうし(露天のうさぎってなぜかすぐ死んじゃう)
5万円出して、1ケ月も経たないうちに死なれたらイヤだ。
3千円ならちょっとランチした気分ですむ。

最初に、可愛かったグレーの雌うさぎを購入。
そして「もし長生きしたら狭くないように」って大きなケージ。
それとトイレなどの用品も一緒に購入。
この時点で、うさぎ本体の何倍も費用はかかっているけど。


帰宅して、ケージに入れると、わずか300gにも満たない子うさぎでは広すぎる。
何匹かとわらわら小さなケージにいたから、1匹では寂しそう。

ってわけで、急遽「お友達」を購入にまたホームセンターへ。

今度は茶色の子が欲しい。雄なら、仲良く暮らせるかも?
そんな安易な考えで雄に決定。
ところが、雄の茶色は先客の小学生の女の子がもう抱いていた。

「放せ~あきらめろ~」と念じたけどお買いあげ。
残ったのは一回りデカイ(当然売れ残り)黒・白模様のぶさいくな雄。
先に買った雌から比べてもデカイしぶさいく。

ホームセンターの係りの方は
「雄雌一緒だとボコボコ子供が生まれて大変ですよ」と言うけど。
そんなことはどうでもいい。後で考えることにしてとりあえず購入。

(今、考えるとこの係りの方スゴイです。
 年輩の女性でしたけどただ者じゃなかった。
 ひっくり返して、お尻見て、しっかり雌雄の判別はできるし。
 飼い方も詳しく教えてくれた)

(明日につづく・・・・のか?)

P1010819s.jpg
「オレ、不細工ですいません」


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
にほんブログ村



テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット

未分類 | 17:04:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する